Friday, 28 September 2018

マランツよりKen Ishiwata限定版KI-Ruby SACD/CDプレイヤーとアンプを発表

こんにちは!
天気予報によると、今日から冬に近くそうです。確かに、天気も昨日よりどんよりして寒くなりました。
今日はマランツのあのブランドアンバセダーを務めるKen Ishiwata氏の40周年記念の限定版が発表されましたのでお知らせします。

Marantzは、Brand Ambassador Ken Ishiwata の40周年を記念する限定版KI-Ruby SACD / CDプレイヤーとアンプを発表。


最先端のオーディオ技術の世界的リーダーであるMarantzは、ブランドアンバセダーのIshiwata氏の40年を記念して、SA-KI Ruby SACD / CDプレーヤーとPM-KI Rubyアンプの2つの非常に特別な限定版KI-Rubyコンポーネントをリリースしました。 限定生産1000個単位です。 レーザーで刻印されたIshiwataとフロントプレートの上に「ルビー」モチーフを加えた新部品は、Ishiwataが率いるチームによって設計され、真の傑出したサウンドを提供するとともに、瞬時になることを予定しています。 コレクターズアイテム。

Ken Ishiwataは、1978年に会社に入社して以来、Marantzのサウンド開発の中心であり、同社の最も有名な製品の一部を担当しています。 彼は「Special Edition」チューニングのアイデアを導入し、確立された製品を採用し、さらに高品質なコンポーネントを適用してパフォーマンスをさらに向上させ、もちろん長年に渡るCDプレーヤーやアンプの「KI-Signature」を開発しました。

彼はまた、多くの国でMarantzブランドを宣伝する世界を旅しており、ハイエンドのハイファイの世界で最高の知られている人物のひとりです。 国際的なオーディオイベント。 最近では、Marantz氏が「New Reference」システムとして設計した、主力SA-10 SACD / CDプレーヤーとPM-10アンプを担当するチームの中心になっています。

今ではKI-Rubyシリーズが登場し、ディスクプレーヤー、DAC、アンプの数十年にわたるMarantzの経験だけでなく、SA-10とPM-10の開発作業も盛り込まれています。 SA-KI Rubyは、SACDとCDの両方を非常に高いレベルで再生するだけでなく、USB接続を含む複数のデジタル入力を備えており、同社のシングルビットMarantz Musical Mastering MMM-Streamアップコンバージョン MMM変換を使用してアナログ出力を生成します。

PM-KIルビーアンプは、独自のHDAM技術を使用した高分解能プリアンプステージと、主力のPM-10アンプから得られるチャネル当たり100Wを供給するスイッチングパワーアンプデザインを備えたオールアナログデザインです。 ライン入力に加え、新開発の低ノイズMarantz Musical Premium Phono EQ回路を採用しており、現在のターンテーブル用のムービングコイルとムービングマグネットの両方を備えています。

SA-KI Rubyの概要

•SACD、CD、およびCD / DVD-ROM用の新しい「純粋なオーディオ」SACDM-3トランスポート
•Marantz Musical Masteringアップサンプリングと究極の信号純度の変換
•接続されたコンポーネントからのノイズをブロックするための絶縁デジタル入力
•鮮やかなディテールとダイナミクスを実現するHDAM-SA2を搭載した新しいアナログ出力ステージ



PM-KI Rubyの概要

•8ohmにチャネルあたり100W、4ohmに200Wpc
•Marantzミュージカルプレミアム・フォノEQを使用したオール・アナログ・デザインによるビニール再生
•高分解能のプリアンプとスイッチングパワーアンプを備えた完全離散2段設計
•信号純度のプリおよびパワーステージ用の電源を分離する


販売

Marantz SA-KI RubyとPM-KI Rubyは、2018年9月下旬に発売されます。限定数1000個のユニット(500個の黒色と500個のゴールド)が、本物の証明書と共に提供されます。 それらは別途3.999ユーロで販売されており、www.marantz.eu / ki-rubyで5年間の登録保証が付きます。

マランツ www.marantz.com 

↓来て頂きありがとうございます。クリックしていただくと、励みになります。↓
にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村

No comments:

Post a comment