«

»

Nov 01

Print this Post

Jazz – Gwilym Simcock & Michael Wolly

9月にドーキング Watermill Jazz Clubで行われた、Gwilym Simcock & Michael Wolly のジャズコンサートに行ってきました。

 

Gwilym氏はイギリス人でMichael氏はドイツ人です。

このコンサート、面白い演出がしてありました。

普段は、舞台の上で演奏するのですが、この二人の場合は、お客さんと同じフロアの中央に二つのピアノを向かい合わせに設置してありました。

私の席は一番前のピアノの鍵盤が横から見える位置。なんとう幸せ!

 

Watermill Jazz Clubは演奏前に音楽家のプロファイルを配ってくれます。

profile.jpgJPG

いつも貰った後、演奏が始まる前にさらっと読んで、その音楽家に興味があったときは、また読み返すようにしています。だから、あまり興味のない音楽家のことは覚えてません。

が!これは!と思う人のことは知りたいと思うのが常。配布されたこの資料をじっくり読みます。

でも、読んだ後捨ててしまうのですが。

ところが、この資料だけは大切に取ってあります。

理由は、ミカエルがすごくイケメンだったから!

↓YouTubeよりオフィシャルのビデオ

イケメンでもありますが、ピアノを弾いている時のスタイルがたまらなく良いのです!

スター性があって、本当にキラキラしているのです。

ケイル イーストウッドの時も思いましたが、本当にスター性がある人って、一度舞台に上がると、光り輝く。。まさにそんな感じ。

ケイルの場合は、彼が普通に歩いているとぬぼーっとして、普通の人ですが、一度

舞台に上がると彼もキラーっていきなり光って。不思議です。

ミカエルはシャイな感じの美少年(美少年という歳ではないけど)で、顔すごく小さくてびっくりしました。久しぶりで「ワオ!」っていう人に出会った感じ。

 

ちょっと興奮気味な私ですが、コンサートはどうだったかというと、

多分、最初の1枚の楽譜だけ合わせて、あとは彼らが即席で作り上げたようです。

横から見ていて、二人で時々目を合わせながら、次は君が演奏ね見たいなサインが見えたんです。

それと、一人がソロソロ自分の番かなって感じで指を鍵盤において弾きそうな時に、相手がまだ終わってなくて、弾くのを止めたのを何度か見ました。でも、誰も気が付いてないみたい。

この二人、Gwilym Simcock & Michael Wolly 凄いです。

本当にラッキーでした。

このコンサート、Gwilymがリードして演奏してました。この人、天才って呼ばれてるんですね。

あー、またミカエルのコンサートに行きたい〜。

 
記事のアップの励みになります。押していってネ。

にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
Pure Audio

Permanent link to this article: http://www.hifiwidow.com/?p=758

Translate »