«

»

May 25

Print this Post

Nubert でヌービ君とヌビーヌ嬢をゲットする

41 English

ここはミュンヘン、ドイツ。 Nubertはドイツが本家であり、根強いファンが多く、ショールームも大盛況。 nubert1nubert2 去年もこのルームにお邪魔(この記事を参照シテネ)して、ある人と出会ったのですが、それが、カレ。 nubi_nubert ヌービ君です。 個人的に彼の事がすごく気に入っていて、ミュンヘンのショーに行くとNubertに必ずお邪魔します。このヌービ君が居なかったらNubertの事は忘れてしまったかも(ウソ)。 なんと今年はヌビーヌ嬢が!二人でチャリティーとして2ユーロで売られていました。(売られて…とは変な表現ですが、事実ですから!) タラーン!ヌビーヌ嬢です。(ガラスのトトロ君たちと)nubi_nubine

 

計4ユーロ。これらのお金はチャリティーに行くそうです。

余計なお世話が大好きなHiFiWidow、二人についての色々なストーリーを即興で作り、その後のランチで旦那に聞かせてあげたのでした。

ブービ君とヌビーム嬢のラブストーリー。

1.出会い

Nubertで働くヌービ君。ある日彼はNubertを購入したお客さんにシステムのセットアップをしにお邪魔します。

ヌービ君 ’こんにちはー。Nubertから来ました、ヌービです。システムをセットアップに伺いました’

お客さん ’おお、いらっしゃい。リビングへどうぞ’

ヌービ君 ’お邪魔します’

ヌービ君、セットアップを始めます。

ヌービ君 ’あ、今使っているシステムもNubertなんですね。ありがとうございます。’

お客さん ’そうなんだよ。長年のファンでね。システムはNubertって決めているんだ。やっぱりMade In Germanyでないとねー!’

そこで、リビングのドアが突然開く。

’パパ、ただいまー’

お客さん ’ああ、ヌビーヌ、おかえり。あ、こちらはヌービ君と言ってNubertからいらしたエンジニアだよ。新しいシステムをセットアップしに来てくれたんだ’

ヌビーヌ嬢 ’こんにちは。’

ヌービ君 ’こんにちは’

こうやって出会ったのでした。

2.恋に落ちる

ヌービ君はいつの模様にNubertのショールームでシステムを調節していました。ふと見ると、女の子がサブオファーに座っているではないですか、

怒ったヌービ君は、

’ちょっと、君!サブオファーに座るなんてダメじゃないか!!’

’あ、ごめんなさい!’

その女の子は、ヌビーヌ嬢でした。

そうして、二人は恋に落ちます。

 

…でなことを延々と話していたら、旦那が「君、幾つだよ?」と突っ込まれてしまいました。

ヲワリ

 

Permanent link to this article: http://www.hifiwidow.com/?p=660

Translate »